オリジナルユニフォームを作って他社と差別化しましょう

ネットで作れる

布と糸

オリジナルユニフォームを作るならインターネットも利用しましょう。ネットならわざわざ店舗へ行く必要がありません。自宅でデザインを考えてネットで作れるので、時間を節約することができます。

もっと見る

必要な機能をつける

裁縫

新しく起業した職場やユニフォームの変更を考えているのなら、オリジナルユニフォームを作ってはどうでしょうか。同じような業種でも全く異なるユニフォームを作って、ライバル業者に差をつけましょう。まず、オリジナルユニフォームを作るときに決めることは機能性を考えることです。建築会社や警備会社であれば工具を入れたり、ペンを入れたりできるポケットが欲しいと思いますので、そのような機能を付けてユニフォームを作製します。また、携帯電話を普通のポケットに入れてしまうと、取り出しにくいこともあるので、取り出しやすいポケットにするといいです。運送会社であれば、荷物を運んだり積み上げたりすることが多いので、動きやすいようなオリジナルユニフォームを作るようにします。袖にゆとりがないと伸びてしまい動きにくいユニフォームになってしまいますので、腕をどのような方向に伸ばしても問題のないように作製するようにしましょう。
食品製造会社であれば、異物混入は大変重要な問題になります。最悪倒産になることもあるので、異物混入をしないオリジナルユニフォームを作る必要があります。袖口やウエスト周り、ズボンの裾にしっかりとマジックテープなどで止めることができるようなユニフォームを作るといいです。帽子にも髪の毛が落ちないようにゴムで顔に密着するような帽子を作りましょう。業種によって機能面が異なりますので、それぞれに必要な機能を備えたオリジナルユニフォームを作って、気持よく仕事ができるようにするといいです。

糸で機能が異なる

女の人

オープンエンド糸は汗をよく吸うので、キッチンで働くことが多い職場ならオリジナルユニフォームを作るときにはオープンエンド糸を使うようにしたほうがいいです。糸によって、機能面が異なるので職場によって適した糸を選ぶようにします。

もっと見る

色々な場面で使える

ミシン

オリジナルユニフォームは様々な場面で使うことができます。例えば、祭りの衣装や地域の子供を守るためのジャケットなどでオリジナルユニフォームを活用することができます。

もっと見る